業務内容

-介護リフォーム

介護リフォームとは、介護が必要な方が住み慣れた自宅で安心して暮らせるように、自宅での危険な箇所をなくし、安全な自宅環境を整えるための改修工事のことです。
主に高齢での介護やけがや病気・事故による後遺症による要介護者を対象としたリノベーション・リフォームです。

高齢の両親が住み慣れた自宅で介護してあげたい。施設に入れるのは申し訳ない。などの理由で自宅介護を検討している世帯が増えています。
「介護リフォーム」についても早い段階で考える必要性があります。

また介護される側だけの主点でなく、介護する側の視点も取り入れることが大切です。

介護リフォームを検討中で大事なのは、主に下記の通りです。

①介護する人、される人にとって快適を目指したリフォーム内容にする事。

車いすでも入れるだけのトイレのスペースの確保や扉は引き戸にする。手すりを付ける。など介護者の目線で設計をすることが大事です。

また、介護リフォームには、介護者の負担を軽くするという目的もあります。

家の中の段差をなくす、廊下や玄関に手すりをつける、車椅子での移動も考えて扉を引き戸にしたり、トイレや脱衣所を広くしたりといったリフォームを行うことで、介護される方の自立性を高め、介護する側の負担を和らげることもできます。

②それぞれの家庭に合ったリフォーム内容にする。

一言に介護と言っても人によってそれぞれ異なるため、それぞれのご家庭にあったリフォームが必要です。

車椅子に乗っている方の身体の状況も様々です。
自走できる方もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。

少しでも快適で便利で、安全安心なものにするよう、住まいの機能そのものを見直すことが大切です。

③将来に備えたリフォーム内容にする。

少子・高齢化社会の現代において、バリアフリーの必要性はますます高まっており、日本人の3人に1人が高齢者になるとも言われております。

よくある改修ポイントは、外出・入浴・排泄といった日常生活に必要な行為をスムーズに行えるように、「段差をなくす」「滑りにくい床にする」「使いやすいトイレにする」などが挙げられます。

株式会社匠は、介護者と、介助者の、ゆとりある生活をご提案致します。

最新のお知らせ

最新の施工例

施工事例ジャンル

エクステリア

キッチン

トイレ

リビング・寝室・居室

太陽光発電・屋根・外壁

洗面化粧台

浴室

玄関まわり

窓まわり

門まわり・フェンス

リフォーム箇所

アパートリフォーム

介護リフォーム

キッチン

浴室

トイレ

洗面化粧台

リビング・寝室・居室

窓まわり

玄関まわり

門まわり・フェンス

太陽光発電・屋根・外壁

ガーデンスペース

ベランダ

カースペース

災害時、もしもの時には24時間対応

まずはお問い合わせ